「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

里山レンジャー

satoren.exblog.jp
ブログトップ

え~~~!

直翅目展で展示していたオオカマキリが展示ケースの蓋に卵を産み付けていました。
冬になっても、その卵を展示していたのですが、ある日、来園者の方から、
「カマキリがいる!」とのご指摘の声。
まさか~(心の声)と思いながら、展示スペースへ。
なんと人工の草にカマキリの赤ちゃんが!!
e0312842_2301555.jpg

大慌てで回収。(協力してくださった来園者の方及びパークセンターの職員の方に感謝)
e0312842_23214163.jpg

パンチングの蓋の穴から出た模様。あわてて新聞紙をかませて・・・
今、産まれられても・・・。
しばらくは、自然淘汰(共食い)かな。

by 黒子の里レン
[PR]
# by satoren2013 | 2014-01-30 23:25 | 企画展

ワークショップ

 夏のジョイント夢プログラムが無事、終了しました。(何時の話や!!って突っ込まないで下いね)

 “何それ??”とおっしゃる方も多いかと・・・。
 実は、毎年、8月の中旬に有馬富士公園で開かれるのですが、この日だけは夜9時くらいまで公園が開園していて、ワークショップが開催されています。

 里山レンジャーも朝から“棚田救い”、そしてもう一つ、夜には“昆虫ナイトハンティング”と題して、夜の公園での昆虫観察会を実施しました。園路を歩いての観察に加えてライトトラップも実施。今回は通常のものに加えて“くわがた村三田店”さんが、強力なライトを貸してくださいました。“くわがた村”さん、ご協力ありがとうございました。

 今回のライトトラップですが、ネブ党さんとやまPさんも参加!!感謝です。
何が観察できたかって? 棚田救いでお留守番をしていた私に聞かないでください。
ただ、参加されたみなさはにこにこして帰って行かれました。何が観察できたのだろう・・・・・。

 さて、次は、秋のフェスティバル。日程は10月19日(土)、20日(日)。里山レンジャーにとっては、広く一般の方に私達の活動を楽しみながら知って頂けるチャンス。私達も、もちろんおなじみのワークショップを実施。
 
 内容は、“棚田保全棚田救い”、“里山保全昆虫クジ。
“棚田保全棚田救い”は棚田や溜池などに生息している生き物を金魚すくいのポイで救ってもらいます。
 なぜ、“救い”かって。それは、すくってもらった生き物を、死ぬまでていねいに飼育、そして、自然界にいるよりも長生きさせてもらい観察してもらうことを趣旨としています。
 それと同時に注目してもらいたいのが、“棚田保全”、“里山保全”となっているところ。私達は、このワークショップの収益を保全や再生活動などにかかわる活動などに使っています。たとえば、樹を植える、湿地を再生する、生き物などの展示活動をするなどです。展示などは見ていただくことによって、できればそこから、保全活動などに興味を持ってくれる人が一人でも多く誕生してくれることを願って行っています。

 と硬い話はここまで。
 ぜひ、有馬富士公園に遊びに来てくださいね。

by 黒子の里レン

 
[PR]
# by satoren2013 | 2013-09-12 00:22 | 徒然なるままに

里山レンジャー 本来の活動その1

昆虫採集(実践訓練)や展示活動(普及啓発)も里山レンジャーとしての活動の一つですが、
日常活動は実に地味な活動が主となっています。

2013年4月5日

本日は、登山道入り口の下草刈りを実施しました。笹が侵入し、登山道を狭くしている箇所の除草と、落ち葉かきをしました。

刈り払い機で草を刈り、登山道を拡張(本来の道幅に)し、その後で熊手を使って刈り取った笹や落ち葉を集め、除去します。

その後、わたしたち里レンが担当しているエリアの下草刈りも実施しました。

約二時間半ほどの作業でした。

e0312842_21193436.jpg
             県立有馬富士公園から三田市立有馬富士森林公園へ続く登山道


e0312842_2116571.jpg
                          上記登山道の入り口

有馬富士登山を楽しむ皆さんにとって安全&快適な登山道となれば・・・・・そんな思いを込めて実施しました。
[PR]
# by satoren2013 | 2013-04-11 21:47 | 里山保全作業

ホタルだけじゃないの?!

私、ホタルのエサとして有名な「カワニナ」です。
e0312842_0302254.jpg

ホタルの幼虫のいない展示水槽の中で、皆さんの残したエサや水草などを食べて平和に暮らしていたんです。
そんな私に思いもかけな敵が!!
e0312842_0322111.jpg

しっかり、オオコオイムシのエサになってしまいました。
生きていくって大変なんですね~。

え!オオコオイムシの正面の写真がないって!?
その姿を見たい方は、是非、有馬富士公園パークセンターまで見に来てください。

by 黒子の里レン
[PR]
# by satoren2013 | 2013-04-09 00:08 | 企画展

クワガタのあとを継ぐもの・・・・?

今、兵庫県立有馬富士公園パークセンターのホールで「ゲンゴロウと水辺の仲間たち」の企画展を行っています。
その片隅で、実は、ひっそりと展示されている生き物がいます。
その生き物はタッチプールの中にいるのですが、意外と皆さんの人気者に。
e0312842_0541214.jpg

さて、上記の写真。上の文字を頼りに何が入っているか想像してください。
「オオカマキリ」とおっしゃる方も多いのですが、それじゃなくて・・・
覚悟して次の写真をみてくださいね(特に女性は)
そう、その中に入っている主役は
e0312842_0561581.jpg

その名も「オオゴキブリ」!
ゴキブリといっても、家にゴキブリとは違い、朽木を食べてコロニーをつくって生活しています。
e0312842_0573354.jpg

そして奥ゆかしい?のは、他のゴキブリと違い飛んで襲ってこないこと(^_^)v
こわごわタッチプールのフタを開けてみていた人たちからも、だんだん「かわいい~」の声が。
もしかして、次の昆虫飼育の主役になったりして。
[PR]
# by satoren2013 | 2013-04-01 00:12 | 企画展